背中ニキビ 酷い

酷い背中ニキビを早く治したい方へ

背中ニキビの原因は?

鏡に映さない限り自分の目では確認できないのが背中ニキビです。
痒くなった背中を掻いたとき、友人と温泉に行ったとき、水着を試着したときに「あれっ!?」と気付く感じです。それがなおさら酷い背中ニキビの状態だと気になって仕方ありません。

 

ニキビといえばよく悩まされるのは、顔にできるものですよね。
では背中にできるのは、どんな原因があるのでしょう。

 

ニキビのできる場所は違っていても、大きな原因は同じだと思われます。
毛穴に皮脂が詰まり、そこに菌などが繁殖し、炎症が起こる、これは顔でも背中でも同じようです。

 

背中は意外と汗を掻きます、汗腺が多いので汗と一緒に皮脂も多く分泌されます。
夏はしっかりと皮脂を洗い流し、余計な油分を背中に残さないことが大切です。

 

一方で冬は、背中は乾燥する部分でもあります。
背中が乾燥し、衣類が触れることで痒みを引き起こすこともあります。

 

一見ニキビとは関係の薄そうな乾燥ですが、皮脂が出やすい状態になっているのです。
肌が乾燥すると、毛穴から皮脂が分泌されます。

 

また、洗いにくさも油分が背中につく原因です。
シャンプーやコンディショナーといった成分が、落としきれずに背中には残りやすいのです。
手を伸ばしてもなかなかしっかりとこすることのできない背中、皮脂やそういった油分が背中ニキビを引き起こすことは多々あります。

 

シャンプーを流すときはどちらか方に髪をまとめて、背中になるべく付かないようにするのです。
手が届かない部分は、タオルやブラシを使ってしっかり油を落とすことも忘れずに。

 

 

酷い背中ニキビを早く治すにはスキンケア

 

背中ニキビは、一旦できてしまうと、衣服によってニキビに刺激を与えてしまうこともあり、
なかなか治りにくいことでお悩みの方が多くいらっしゃいます。
でも、背中ニキビが酷ければ酷いほど早く治したいと思いますよね。

 

背中ニキビができてしまったら、軽い症状であるうちに、速やかにニキビ改善のためのケアをすることが大切です。

 

ニキビは過剰な皮脂の分泌が原因となっていることがほとんどですが。
まず、毛穴に詰まっている皮脂を取り除くスキンケアを始めると良いでしょう。

 

毎日の中で、入浴の際に湯船に浸かって毛穴を開かせて、背中を丁寧に洗います。
背中は手が届きにくい箇所でもありますが。

 

ニキビに刺激を与えてしまうようなナイロンタオルやスポンジなどで洗うのは控えて、
よく泡立てた泡を柔らかいタオルなどにたっぷりとつけて、優しく丁寧に洗うことを心掛けます。

 

お肌はターンオーバーを繰り返しているため、ターンオーバーを促すためには、毎日の中で丁寧にお肌を洗うことを繰り返していく必要があります。

 

使用する石鹸などは、できるだけ自然由来の原料から作られたものを選ぶようにして、背中ニキビができている部分に負担を与えないようにします。

 

石鹸の中には、皮脂はしっかりと取り除きながらも、お肌に十分な潤いを与えるようなものがあるため、こような特徴を持った石鹸を使用すると良いでしょう。

 

洗った後は、しっかりと保湿するようにしましょう。ビタミンCは皮脂を抑制する働きを持っていますが、保湿の後、ビタミンCを豊富に含んだ化粧水や美容液などを使用すると、過剰に分泌される皮脂の改善策を取ることができます。

 

背中ニキビを徹底的に治したいならば、こちらの記事「背中ニキビ治し方徹底ガイド」を参考にして下さい。背中ニキビに特化したスキンケアが紹介されています。

 

 

 

 

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ